新着情報

◆絵本深読み会

「大人が絵本を深読みする会~絵本で気づき」開催予定

  

 次回は9月に開催予定です。募集は今しばらくお待ちください。
   

                              ▶詳しくはコチラ。 

 

絵本を使うキャリアワーク って何?


絵本を使うキャリアワークショップ~絵本で「気づき」は、絵本を使った、主に大人の方を対象とするワークショップです。

 

絵本キャリアコンサルタントの読み聞かせといくつかのワークを通して、さまざまな気づきをしていきます。

 

 

「仕事について」、「チームビルディング」「強みを見つける」等のビジネス系、

「コミュニケーション」などの人間関係や親子関係、「命」、「気持ちを伝える」、「自分を好きになる」… など、多方面のテーマで展開しています。

ワークは ファシリテーションの研鑽を積んだファシリテーターが支援していきます。

◆ファシリテーションとは

ファシリテーションとは、簡単にいえば「場」を作ること。グループへの参加者が活動しやすい場、発言しやすい場、気づきがある場をつくることをファシリテーションといいます。

そしてそのファシリテーションをする人のことをファシリテーターと呼びます。

◆絵本ファシリテーション~絵本で「気づき」とは

何を話しても大丈夫な「安心・安全な場」で、絵本を通して自ら自身の心のあり方や縛りに気づき、より自分らしく生きる手がかりに気づく場です。

その絵本を通しての「気づき」を支援するのが、私、絵本ファシリテーター®なのです。

◆具体的にどういうことをするの?

1.ファシリテーターが絵本を読み聞かせしたあとに、テーマに沿った質問をします。


2. 答えを書き出します… 書くことで自分の気持ちを客観視できます。他の参加者に影響されない、正直な自身の気持ちが出せます。


3. 他の参加者と分かち合ったり、意見交換をしたりします。他の人の話を聞く中で新たな気づきがおこります。自分の話をきいてもらうことで心の整理ができます。ただし「話さない」権利も保障されます。言いたくなければ言わなくてもOK。この繰り返しで、数冊の絵本を読みながらたくさんの気づきをし、最後には「自分っていいなあ」と感じて帰っていただきます。


絵本セラピスト®の役目

私は「絵本セラピスト®協会」認定の絵本セラピスト®でもあります。
絵本を使ったワークショップを通じて疲れたり傷ついたりした心を癒していただくこと、より生きやすい方向性を見出していただくこと、そして、大人の皆様に人生の伴侶となる絵本を持っていただくこと。それが「絵本セラピスト」の役目です。