絵本で考える「命とつながり」


【時 間】  2時間

【対象者】 どなたでも

【形 式】  ワークショップ

 

●こんな人にお薦めです。(こんな悩みはありませんか)

 

自分がつまらない存在に思える。

命の大切さやご先祖様とのつながりを考えてみたい。

自分がいまここにあることの意味を考えてみたい。

 

●内容

 

数冊の絵本と簡単な質問を通して、命とそのつながりについて考えていきます。


●こうなります

 

自分がいとおしくなります。

命の大切さを感じることができます。

心のとげとげがなくなり、ほっこりします。

感謝の気持ちがおきてきます。

<お客様の声>

とてもなごむ場でした。

いのち、絆、感謝を思う機会をいただきました。本もテーマに合った良いものでした。アリガトウございます!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

絵本がイロイロなタイプのものが選ばれていて、よかったと思う。私の好みとしては「つみきのいえ」が好きです。水につかると、また、上へ、上へと家をつみかさねて家をたてていくというのが、今までの自分とだぶっているように思います。

葉書をかいたとき、アート好きなわたしには、すごく表現できて楽しかったです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

とても勉強になる時間でした。前回の時(「いぬがおしえてくれること」)は、人はそれぞれ生きてきたことがちがうし、考え方も違うこともあることを気づけましたが、今回は生きていられることや命のありがたさまで、気づけました。今思うと、前回でも気づけたと思うけど、前回のじぶんでは、気づけなかったけど今の自分で気づけたということは、少しだけど自分が成長しているのかなって思いました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


その他の声はこちらから→