絵本ファシリテーター 福島瑛子のプロフィール


福島瑛子 

オフィス・ワン! 代表

キャリアコンサルタント(CDA)

 

キャリアコンサルタントとしてグループカウンセリングや

個別カウンセリングに携わる一方で

 

絵本ファシリテーターとして

絵本を使った大人向けのワークショップや、

絵本読書会

「大人が絵本を深読みする会~絵本で気づき」

を開催しています。

得意分野は「自己肯定感アップ」や「コミュニケーション」「キャリア開発」。 

 

熊本県生まれ、京都府在住。

 

幼いころから本が好きで、絵本や物語などを読みあさっていました。

小学校では学校の図書館の物語本やエッセイ集のほとんどを読破。

絵本に関してはストーリーだけでなく絵・童画家にも深い興味を持っています。

 

親が税理士だった影響で、大学は経済学部。卒業後は東京の税理士事務所に就職。

この事務所の所長秘書の女性にあこがれて、ビジネスマナーの勉強を始めました。

 

その後「書く仕事」をやってみたくて、2つの雑誌編集プロダクションに勤務。

 

結婚により退職。子育てをしながらマナーの学習を継続。作法会及びマナー講師派遣会社の「講師養成講座」を受講。複数のライセンスを取得。

接客の実践を積むために、歯科医院や伝統工芸の体験教室などに勤務。

ここでは、障がいを持つ人とその親御さんへの「寄り添う応対」の大切さと実践を学びました。

 

一方、自身の子どもが中学生の時に発達障害といわれましたが、その当時は世間一般に発達障がいへの理解がなく、親子ともに混迷の日々を過ごしました。その過程で、多くの医師やカウンセラー、相談機関と関わりながら、カウンセリング技法についても学んできました。

子どもが通信制高校・サポート高校に通ったことで、その実情やそこに通う人たちの思いにも触れ、一度正規のルートを外れても、やり直したいと思う人は少なくないのの、その道のりはなかなか険しいと感じました。

 

そこで、正規の学校を出ていない人でもマナーを身につけていれば偏見を克服しやすいと考えて、子育て終了後にマナー講師として起業。地方銀行や郵便局近畿地区の新入社員研修などを担当。

 

さらに劣等感の強い人達の背中を押す方法を探るうちに、絵本セラピーに出会い、

楽しい雰囲気の中で自己への気づきを促す、絵本を使った大人向けのワークショップを始めました。

 

河内長野市をはじめ各自治体やNPO法人等でもワークショップを開催。

特にコミュニケーションをテーマとしたものは参加者が前のめりになると高評価をいただいています。楽しく発言しやすい場づくりには自信があり、多くの参加者に楽しかったと言っていただいています。

 

◆資格
・キャリアコンサルタント(CDA)

・ジョブカード作成アドバイザー

・ビジネスマナー・メールマナー講師

 

・絵本セラピスト協会認定 絵本セラピスト®
・心理カウンセラー(内閣府認証NPO法人ハーティ所属) 

・日本ほめる達人協会 0期認定講師

・一般社団法人日本アンガーマネージメント協会

  アンガーマネージメントファシリテーター

・NPO法人「絵本で子育てセンター」認定 絵本講師

・日本ファシリテーション協会会員